看護師はプライドをもった専門職なのです!

看護師は明るくて元気!でも、そこにプライドと自信をもって日々がんばっているんです。わかってくれてるでしょうか?
 
看護師は専門職であるという認識がありますが、人によっては看護師を専門職では無いというように言う人もいるようです。看護師は専門職では無くてサービス業というようにとらえる人も。でも看護師からすると、それは許せないと感じます。。実際にサービス業という言い方は看護師に対しては少し失礼なようにも思います。
サービス業というものが程度が低いというわけではないのですが、看護師というのは精一杯の知識や技術を得てなった職業なのですから、普通は専門職と言われてもいいと思うものです。
でも、職業分類というような時に専門職は医師や弁護士など専門性があって開業が出来る職業のことを言うという説もあります。そうなると看護師は専門職ではないということになるのです。どう分類されても構わないと思う看護師もいれば、この分類の仕方は許せないと思う看護師もいると思います。実際にどう思うかはその看護師次第かもしれません。でもサービス業と言われたことにより、看護師のモチベーションが下がり仕事の効率まで下がってしまうのはとても勿体ないことです。

看護師にとって、やる気というものはとても大切なものです。そして看護師を専門職と呼ぶのも決して間違いでは無いのですから、ここは徹底した方が看護師にとっても患者にとっても良いのかもしれないと思います。看護師が誇りを持って働けることがベストだと言えるでしょう。